2018年7月4日水曜日

光のミニ実験イベント

家の電気や太陽の光が虹色に見える光のミニ実験をしました。

回折格子(かいせつこうし)という透明なフィルムを通して光を見ると、不思議なことに白い光が虹色に見えるんです。
子どもたちは部屋の電気が虹色に見えるのでビックリ!
「電気や太陽の光はほんとは虹色なんだけど、全部混ざると白になるんだよー。この不思議なフィルムを通すと、混ざった光が分かれて虹色になるんだ。」とお話しました。


赤と青と緑のLEDライトを一か所に当てると白い光になる実験もすると、子どもたちは「ふーん。」という感じで興味津々に見てくれましたよ。

最後に、紙コップと不思議なフィルムを使って工作しました。

これを使ってテレビを見ると、赤と青と緑の光が浮き上がるんです!じつは、テレビは赤と青と緑の3色の光だけでできています。
最後にみんなで工作したものを使って、テレビを見ると「赤と青と緑が見えるー。」という声がたくさん聞こえました。

光のミニ実験は、2歳から小学生まで、みんながワイワイ楽しみながら光について学べました。

参考図書:よあけ ゆうやけ にじやオーロラ (かこさとしの自然のしくみ 8
       地球のちから えほん) 絵と文 かこさとし 農文協 2005

2018年7月1日日曜日

2つの「相棒」

一つ目の「相棒」は
「ぼくの相棒は大好きな一冊」は2018年杉並区子ども読書月間標語募集で大賞に選ばれた東誠一郎さん(当時:高井戸第二小6年生)の作品です。 
6月は子ども読書月間です。
6月中は杉並区の各図書館にこのポスターが貼ってありました。
このポスターをいただいてバンビぶんこにも
貼ってあります。
二つ目の「相棒」は 
【 「相棒」              大村華穂さん(当時:松溪中1年)
私にとって本はいつもそばにいる「相棒」みたいなものです。相棒は、ミステリー、ファンタジーなどいろいろで、私の気分までころころ変わるのです。相棒のそんな魅力に気づかせてくれたのは、家の前にある「バンビぶんこ」でした。
幼いころから通っていた文庫はいつもあたたかく優しく迎えてくれてまるで第二の家でした。小さい頃は胸が弾むようなわくわくする相棒、大きくなるにつれて胸があたたかくなる相棒、ハラハラドキドキする相棒などをたくさん見せてもらって、人の気持ちを変えていく相棒たちに魅了されていきました。特に小学二年の時に出合った「マチルダは小さな大天才」は、場面場面でいろんな感情が表現されていて、まるで私がこの物語の中にいて、その出来事を実際に見ているような気分でした。その頃から相棒は、自分が本の中に入っているように錯覚させるほど驚異的な魔法も使えるのだと知りました。
文庫で、数えきれないほど、それこそ千以上、の相棒に出会いました。それらの相棒たちがいたので今の私がいるのです。バンビぶんこ四十年の歴史の中に私の名前があるのを誇りに思います。中学生になり文庫にあまり通うことができなくなり、忙しくて本をあまり読めなくなっています。でも、今までの相棒のこと、バンビぶんこのことが私の記憶の中に一生残ることでしょう。】

*これは杉並文庫・サークル連絡会の創立40周年記念誌「すぎなみ文庫のあゆみ」の
 バンビぶんこの項に掲載した文です。

「すぎなみ文庫のあゆみ 2005~2017」
杉並文庫・サークル連絡会創立40周年記念
2018年3月30日発行

二つの相棒ステキですね。お二人とも相棒とともに、充実した日々を送られることでしょう。         

2018年6月26日火曜日

子どもってかわいい!でも 大人もステキ バンビぶんこにて

今日は文庫を支えてくれているお仲間のお一人のはなし。

Tさんが用事で隣の郵便局に来た時のことです。
郵便局の中にお母さんと2~3才の坊やがいました。お母さんは窓口で局員さんとお話し中、小さい坊やは退屈してぐずりだしました。お母さんは用事に夢中で気づきません。
Tさんがふとカウンターの下の壁を見ると、そこにはたくさんのくだものの絵が描かれたポ
スターが貼ってありました。
そこでTさんはその坊やの横に行って、
「もも さあどうぞ」「ぶどう さあどうぞ」「りんご さあどうぞ」
と次々にくだものの絵を指さしながら話しかけました。するとその坊やは「むしゃむしゃむしゃ 」と食べる真似をはじめました。本を知っていたのか、Tさんのおはなしにつられたのか。
Tさんすっかり嬉しくなり、最後のくだものが終わるまで、坊やと楽しいひと時を過ごしました。もちろん坊やも楽しかったのでしょう。一生懸命 「むしゃむしゃむしゃ」、その後用事が済んだお母さんと機嫌よく帰っていきました。
くだもの 平山和子作 福音館書店
「すいか さどうぞ  もも さあどうぞ ぶどう さあどうぞ
なし さあどうぞ りんご さあどうぞ  くり さあどうぞ  かき さあどうぞ
みかん さあどうぞ  いちご さあどうぞ  ばなな さあどうぞ
ばななのかわ むけるかな? じょうずにむけたね」 

Tさんはのちに文庫にきて「嬉しいことがあったのよ」と報告してくれました。
そしてこんな素晴らしい経験ができたのは、バンビぶんこを知ったおかげ、そしてたくさんの本に出合えたおかげ」とまで言ってくれました。
こんないい話を聞けたのは、Tさんと知り合ったおかげ、私こそTさんに感謝です。

2018年6月25日月曜日

子どもってかわいい、面白い! バンビぶんこにて

うちには杏の木があります。6月になると木になった杏の実が庭にたくさん落ちます。
それを一つずつ拾ってジャムにします。
文庫の日、落ちていた杏の実を拾っておいておきました。その実にはありがついていました。いくら動物、生き物好きの私でも杏についてきたありは家中に広がったら困ります。ついつぶそうとしてしまいました。すると杏を見ていたY君(4才)が「あり かわいそうだから外に出してあげなきゃね」と言います。ハッとした私「そうだよね、じゃ窓から出してあげよう。Y君一緒に出してね」とありのついた杏を持ってY君と一緒に窓に行き、何とかありを外にだしてあげました。Y君やさしいね。言ってくれてありがとう。

 文庫にあるありの本です。読んでみてね。

「ありこのおつかい」は去年バンビぶんこのクリスマス会で人形劇として演じられました。
子どもも大人も一緒に人形を動かし、大爆笑をさそったのを思い出します。
ありさん、むくどりさん、ねこさん、かまきりさん、クマさんなど
たくさん出てくる、とっても面白いおはなしです。


「ありんこリンコちゃん」ありの子のリンコちゃんはじめて巣から出て
冒険の旅にでかけます。
はたらきありの本当のすがた、セミ、クワガタ、カミキリムシも
登場して、虫好きの子どもたちにぴったり。

2018年5月26日土曜日

母の日の「からすのパンやさん」

「からすのパンやさん」のTシャツ
今まで母の日のプレゼントのはなしはしたことがありませんでした。
でも今年だけはブログに載せたくなりました。

今年の母の日のプレゼントは「からすのパンやさん」の絵の描かれたTシャツです。
とってもステキでしょ。
でもこのTシャツは特別な想いをもつプレゼントのなりました。
「からすのパンやさん」の作者かこさとしさんが5月2日に亡くなったのです。
ある日息子夫婦はデパートで偶然このTシャツを売っているのを見つけました。
「母の日」が近かったので、絵本大好きの私のためにこのTシャツを買いました。その時はまだ知らなかったのですが、家に帰ってかこさとしさんが亡くなられたのを報道で知ったのです。びっくりして震えがきたそうです。


かこさとしさんは大好きな絵本作家、「からすのパンやさん」はじめ、「だるまちゃんシリーズ」「どろぼうがっこう」「よわいかみ つよいかたち」などは傷んできたので、最近新しく文庫に入れなおしたものも多くあります。
Tシャツの背中の柄




2018年5月4日金曜日

バンビぶんこ鯉のぼり 2018

恒例のバンビぶんこ鯉のぼり 今年も元気に泳ぎます。

鯉のぼりの全体のかたちは幼稚園児のY君
バンビブンコ 2018の文字は2年生のRちゃんが書いてくれました。
魚のうろこに見立てた折り紙にみんなが名前を書きました。
今年は「シンデレラ」や「白雪姫」なんて楽しいのもありますよ。


今日5月4日 このみんなで描いて貼り付けた鯉のぼりを
文庫の入り口ドア―に貼り付けました。
道路からも良く見えますよ。



2018年4月29日日曜日

ポップアップメルヘン展 その4 展示作品


展示作品の紹介














メルヘン

○ 白雪姫 360°Book       グリム兄弟
   ○ シンデレラ            グリム兄弟
   ○ スノーマン            R.ブリックス
   ○ ナルニア物語           C.S.ルイス
   ○ 人魚姫              H.C.アンデルセン
   ○ ピーター・パン          J.M.バリー
   ○ 美女と野獣            原典:フランス民話
   ○ 星の王子さま           A.D.サンテグジュベリ
   ○ 101ぴきのわんちゃんのかくれんぼ K.マーチン
   ○ メーシーちゃんのお家       L.カズンズ
   ○ わにぐちくん、もうよういできた  J.ロッジ
   ○ トントン!ドンドン!わにぐちくん J.ロッジ

神々・英雄・妖精  

〇 神々と英雄   ギリシャ神話ほか  M・ラインハート&R・サブダ
   〇 燕虎物語    原典:三国志    畠智慧
   〇 森の小人ノーム 北欧伝説      C・マーフィほか
   〇 ようせいのおしろのぶとうかい M・ベイトソン  L・コンフォート


お化け・モンスター

〇 おばけやしき            J・ピエンコフスキー
   〇 おばけがっこう           D・ロバーツ
   〇 がいこつのやかた          S・ガルナシア
   〇 ピラミッドの謎           I・スミス
   〇 モンスターハウス  橋本靖昭    藤井ちなみ
   〇 マミー?      M・センダック原作 A・ヨーリンクス脚色
               M・ラインハート
   〇 こわくない!    A=チゾン&T・タイラー
        〇 6にんのゆうかんなたんけんか K・モアピーク&C・ディジェス

数・ 数える  

〇 クロックくんのかぞえるえほん J・ロッジ
   〇 にゃんくろうかずあそび    D・peruhamu
   〇 ゆかいなかくれんぼ
      かずのえほん        R・クラウサー
   ○ はこのなかにはなんびきいるの? D.A.カーター

乗り物

〇 トラクターこうじょう    E・パグナル&S・オーガード
   〇 よこながきしゃぽっぽ    R・スカリイ  インタービジュアル・ブック
   〇 カーブック         Y・アグラ
   〇 ゆかいなゆうびんやさん
     おとぎかいどう自転車にのって J&A・アルバーグ

自然と生き物の世界

○ オセアノ号,海へ       A・ポアローベル&R.リゴー
   ○ ナマケモノのいる森で     S.ストラディ  A・ポアローベル&R.リゴー
   ○ うんちしたのはだれよ!    V.ホルツヴァルド  V.エールブルッフ
   ○ 春夏秋冬 プーさんといっしょ E.ステッド文 A.グレイ絵 エグモンド・
                                 ブックス
   ○ ねずみさんのおおきな木のおうち  Serico

クリスマス

〇 サンタがイブにやってきた  C・メール原作 M・フォアマン 
                   インタービジュアル・ブック
   〇 ミッキーのクリスマスがやってくる  K・マイケル作 D・クリステンセン絵
                   インタービジュアル・ブック
   〇 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス J&K・アルバーク
   〇 テデイのクリスマス  P・ボーマン
   〇 メイシーちゃんのクリスマス  L・カズンズ
   〇 サンタさんやめて!   K・モアピーク  インタービジュアル・ブック
   〇 Gesegnete  Leit!  イエス誕生   聖書




その他

〇 大きくなったらなにになる?  C&D・フォックス
   〇 穴の本            P・ニューウェル
   〇 おはなしハンカチ                  それいゆ
   〇 結婚式のおきゃくさま     W・アンダーソン
   〇 だんまりこおろぎ      エリック・カールさく
   〇 さびしがりやのほたる    エリック・カールさく


参考図書

○ 現代の仕掛け絵本  









   
     

2018年4月5日木曜日

「ポップアップメルヘン展」その3

恐竜が大好きなK君、選んだのは恐竜のポップアップ絵本
これは何かしら?何か混雑しています。
子どもたちもいっぱい。
Ş君がみているのは「アリス」の絵本
ポップアップ絵本を細かくみていますね。
「ここがこやって動くのね」
「見てみて この窓開けるとまた絵が出てくるよ」


S君、Rちゃんは本が大好き、仲良し兄、妹。


りらっくすしたK君、みているのはやっぱり恐竜の本。





女の子が大好きです。小物がついていて、おままごとみたいに
楽しいんです。

2018年4月4日水曜日

「ポップアップメルヘン展」その2


今回は展示した作品を中心にお見せします。

玄関にはサイン帖、左にあるのは「星の王子さま」の変わりポップアップ

ポップアップいろいろ。
手前は「白雪姫」



お茶のお菓子
「アリス」仕様のおかし

女の子が大好き!


「はらぺこあおむし」のポップアップ絵本


バンビぶんこ40周年記念「ポップアップ・メルヘン展」その1

バンビぶんこは1977年4月生まれ、去年40周年を迎えました。
40周年が終わらないうちにと今年の3月10,11日に記念の
「ポップアップ・メルヘン展」を開きました。
文庫に普段来てくれている子どもたちや大人の方、開催時から
助けてくれた近所の方々、文庫にゆかりのある方、応援してくれている方々などが
対象です。

所蔵しているポップアップを中心に、仕掛け絵本を展示しました。
50数冊になりました。
どれも実際に手にとって、触って、ひっくり返して
仕掛けを研究してくれればOK。

これは当日来てくれた方の仕掛け絵本とのかかわりを
移した画像を載せました。雰囲気をご覧ください。



常連の3年生、自分の興味の
ある本を見つけ出し、別の部屋でゆっくり鑑賞。



これはプーさん絵本です。


ファミリーで来てくれました。


お母さんと「ねずみさんの大きな木のおうち」の仕掛けを
動かしているSちゃん。

とても気に入ったようで、ずっと一人で集中してみています。

絵本を観るのが一段落して、お茶の時間。
おしゃべりも楽しそう。


2018年3月30日金曜日

ブルーローズ また

3日後 きれいに開き、より麗しく見事に。

バースデイ・カード




2018年3月29日木曜日

バースデイ・プレゼント

その名は「喝采」
花言葉は「夢かなう」
サントリーブルーローズ アプローズ

2018年2月18日日曜日

バンビぶんこ40周年記念
ポップアップ・メルヘン展



とき
3月10日(土) 13:00〜16:00
3月11日(日) 13:00〜16:00
かいじょう
バンビぶんこ(渋川宅 高井戸東4−19−1)
03-3334-7881  090-7804-5536

  コービー・紅茶・緑茶、おかしを用意します

 バンビぶんこを始めて40年経ちました。これを機会に、ふだんはぶんこに並べていないしかけ絵本を手にとって見て頂く会を開くことにしました。
しかけはいろいろありますが、今回は‘飛び出す’(ポップアップ)絵本を中心にご覧にいれます。
 ふつう絵本の絵は平面に描かれていますが、その頁の物語を立体で見てみたいという願いを昔からアーティストたちがかなえてくれています。さて
どんなメルヘンの世界が開けるでしょうか?
 お子さまはもちろん、お父さまもご一緒にお出まし下さい。

渋川慧子